基本は転職エージェントの活用となる業界

標準

一般的に転職をするときには公開されている一般求人から探すのが通常だが、エンジニアの場合にはそれでは仕事を探すのが困難である。企業が求人募集を業者に依頼するときには費用がかかっているため、より有能な人材を早期に提供してくれる可能性が高い業者に任せることになる。

IT業界では専門としている転職エージェントが複数存在していることから、一般求人を扱っている業者よりも優先して求人広告の依頼が出されやすい。仕事を探す上ではエンジニアとしては転職エージェントが公開している求人情報を頼りにするのが基本になるのである。

しかし、それだけでは仕事を探すのにやはり苦労してしまうこともよくあり、良い仕事だと考えていたのが実は望んだものではなかったという経験をする人も多い。待遇は最低条件しか提示されていなくて実際に自分のエンジニアとしてのスキルがあるとどの程度になるのかがわからないだろう。

また、仕事内容も曖昧で正確に理解できることは極めて少ないのが実情となっている。この問題を解決するために転職エージェントに直接相談して求人を紹介してもらうのがより賢明な探し方である。紹介を受けられるかどうかは能力次第だが、経験を積んでいるエンジニアであれば比較的紹介を受けやすい。転職エージェント側もエンジニアからの信頼を獲得して登録者数や紹介率を高めることで、企業からの求人を獲得しやすくしているため、積極的に紹介を行ってくれる可能性が高い。ちょうど転職エージェントの概要と選び方について言及しているサイトがあったので載せておく~~エンジニアのための転職エージェント指南サイト~~