キャリアの具体的なプランニングの目標

標準

職場では、各スタッフによって与えられる仕事の内容や責任に大きな違いがある。重要性が高く責任が大きな立場に立つほど、それだけ収入が増え、仕事にもやりがいが感じられるようになる。仕事を始めてからすぐにそのような立場に立つことは難しい。まずは、着実にキャリアのステップを一つずつ踏んでいかなければならない。

そのためには、あらかじめ計画を立てておく事が効果的である。仕事の選び方についてイメージでは理解していても、実際に実行してみれば、想定していない問題が直面してしまうことが多い。仕事選びは重要な事柄でもある事から、失敗する前に、頭の中でイメージしている計画を実際に表記してみることにより、そこからより具体的に考えがよりまとまる。プランニングしてみて初めて気づくことも多く、イメージだけで曖昧な仕事選びはしないことが重要である。

仕事へのステップを計画する上では、メリットとデメリットについて意識する必要がある。そこから、キャリアの目標を設定して、どのような仕事のステップを踏んでいけばいいかについて考えてみれば、自ずと進むべき道が見えてくる。こうして、仕事の進むべき目標を持つ働き方をすれば、それを実現する可能性が高まる。

重要であるのは、明確なビジョンを持ってプランニングを行い、それを実現するために少しずつでも努力を積み重ねていくことである。そうすれば、いつか期待していたとおりのキャリアの結果をもたらしてくれる。